朗読 主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙への神の言葉 」の「十七番目の言葉」

朗読 主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙への神の言葉 」の「十七番目の言葉」
全人類はわたしの顔を見ることを願っているが、わたし自身が地上に降り立つと、みな、わたしの訪れを嫌い、光の近づくのを追い払う。まるで、わたしが天国で人間の敵であるかのようである。人間は警戒するような光を目にたたえわたしにあいさつし、常に警戒心をもち、わたしが「他の企み」をもっているのではないかと深く恐れている。人間はわたしを見慣れない友として見ているので、わたしに無差別殺人の意図でもあるかのようにわたしを見る。人間の目には、わたしは恐ろしい敵対者なのである。患難の中でわたしの暖かさを体験しても、人間はわたしの愛に気づかず、いまだにわたしを退け、わたしに逆らおうとする。人間がわたしに敵対しようとしているこの状態を利用するどころか、わたしは人間を温かい抱擁の中に包み込み、人間の口を甘味で満たし、その腹を必要な食物で満たす。
『言葉は肉において現れる』より

おすすめ朗読
朗読 主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙に向かって語った神の言葉 ·十三番目の言葉」 
朗読 主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙への神の言葉 ·二十七番目の言葉」

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください