終わりの日のキリストの語られる言葉「全能者のため息」抜粋(舞台版朗読)

全能神は言われた。「全能者の目は、苛酷な苦しみにある人類を見回っている――苦しむ人々の泣き叫びを聞き、苦しめられた人々の不道徳を見、さらに救いを失ってきた人類の無力や不安を感じながら。人類は全能者の心配を拒絶し、彼ら自身の道を歩き、全能者の目が探るのを避ける。彼らはむしろ、深海の苦さのすべてをかの敵とともに味わう。全能者のため息はもはや聞こえない。全能者の手は、悲劇的な人類に進んで触れることはない。全能者はその働きを繰り返す――取り戻したり失ったりしながら、何度も何度も。その瞬間から、全能者は疲れ、けだるくなり、その掌中にある働きを止める。そしてもはや、人々の間をさまよい歩かない。人々はこのような変化に全く気づかない。全能者が行ったり来たりするのも、全能者の悲しみも失望も気づかない。」
『言葉は肉において現れる』より

水墨素材来源:Wow!視覺特效Show一手!影片素材上傳區!
https://www.youtube.com/channel/UCo2W…

関連のビデオ:全能神教会御言葉朗読「全能者のため息

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です