キリスト教讃美歌「神の言葉は人が歩むべき道である」

キリスト教讃美歌「神の言葉は人が歩むべき道である」


どんな時代でも神は 地上で業を行う時
人類に言葉を授け 真理を伝える
それらの真理は人のため 歩むべき道、また
守るべき道として役立ち
神を畏れ 悪を避けるように人を導く
神の言葉は、生活の中で実行すべきもの
人生の旅路において、固く守るべきものなのだ
それが神が言葉を人に授ける理由なのだ

それらの言葉は神が 自ら人に授けるもの
人はそれを守るべきだ いのちを受けるために
神の言葉に従わず それを実行せず
日々の暮らしで生かさないなら
人は神の真理を 実践していることにはならない
神の真理をもしも実践していないとするなら
人は神を畏れ、悪を避けることはできない
そういう人は神を満足させることはできない
そして神を満足させることができないのならば
人は神から賞賛を受けることなどない
そういう人は何ひとつ成果を残せないだろう
『言葉は肉において現れる』より

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教讃美歌「神を知ることによって達成された効果」神は私たちと共におられる

2件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください