これが神が救おうとする人類

主の愛とその力「これがが救おうとする人類」


人は皆 ずっとサタンに踏みにじられ
彼らはもはや 創世のアダムとエバではない
神に逆らう 観念・知識・空想
堕落した 性質ばかり
でも神の目には 人は被造物であり
でも神の目には 人は被造物であり
人は皆 今でも神に造られたもの


人は皆 今なお神の支配の下
神が定めた 進路の内で生きている
神の目には
人はけがされただけ サタンによって
泥におおわれ 飢えにとり憑かれ 鈍く忘れっぽいだけ
老いても機能 本能は残ってる
そんな人を 神は救うことを願ってる


人は皆 創り主の呼びかけと
声を聞く時 起きて急ぎ声を探す
姿見る時 神に全て捧げる
命さえ 明け渡して
創り主の声 姿を見ればたちまち
神のためなら 全て投げ出してしまう
人は皆 命さえも明け渡してしまう


創り主の 真剣な言葉を 理解する時
サタンを拒んで見捨て
悟ることで 創り主へと帰る
全ての汚れ 洗い流す時
全て満たされ 創り主に養われ
記憶再び よみがえることになり
創り主の 権勢と支配の下へ帰る
『言葉は肉において現れる』より

画像は以下から抜粋した素材を含む。 www.stockfootage.com

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です