キリスト教短編映画「三自愛国教会は私の傘」臆病者は神の国に入ることができない

ある日の深夜、ある場所で中国共産党政府は多数の全能神教会の信徒を捕えました。この事件は一帯に大きな動揺を与えました。これを機に三自愛国教会会員の間で議論が起こりました。東方閃電が中国共産党政府による残虐な抑圧や弾圧を受けたものと信じる人もいました。東方閃電を信仰することはあまりにも危険であると、三自愛国教会を⇒で信仰するのが最も安全であると、そうすれば苦難に会うこともなく神の国に入ることができるという者もいました。一方、東方閃電こそが真理の道だと信じる人もいましたが、東方閃電が受ける弾圧はあまりにも凄まじく、信仰するなら隠れてする方が良いと考えていました。もし中国共産党政府が転覆されれば全能神への信仰を公にできるでしょう。東方閃電について詳しく学んだ上で、東方閃電では信者は自分の生死を顧みずに福音を広め神の証人となるので神様から褒められると信じる人もいました。そういう人たちの考えでは、三自愛国教会の下で隠れる人々は臆病者で無目的に人生を漂流するだけで、神の国に入るに値しないのでした…。この白熱した議論の後、神に褒められるのがどのような人たちかを皆はわかったのでしょうか。また怖気づく人々が神の国に入ることができるものなのかを知ることができたのでしょうか?

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です