キリスト教会讃美歌「神は我々のところに静かに到来する」終わりの日における主の裁き

キリスト教讃美歌「神は我々のところに静かに到来する」終わりの日における主の裁き

神は黙っている 今まで 我々の前に現れたことはない
それでも 神の業は止まらない
神はすべての国に目を注ぐ 神はすべてのものを支配する
神は人々の言葉と行為に全て注意を払う
神の営みは段階があり 計画にそって行う
神の業は 天地が劇的に震えることなく 静かに進行する
それでも 神の歩みはより人類に近づく
神の裁きの座は 光の速さで宇宙に据えられる
そして 直ぐに 我々のところに神の玉座が降りてくる
何と荘厳な光景だ 何と威厳で厳かな情景だ
聖霊は鳩のように 吼える獅子のように
我々のところに来る
神は知恵があり 公正で威厳がある
権力があり 愛とあわれみに満ちて
我々のところに静かに到来する
愛とあわれみに満ちて
『言葉は肉において現れる』より

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教讃美歌「神の二つの受肉の意義」神の救い

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください