賛美歌「受肉の神は最も愛すべき方 」キリストの愛は確かなものだ

賛美歌受肉の神は最も愛すべき方 」キリストの愛は確かなものだ


神は肉体となった後 人の中で生活をして
人の堕落しきった様子と 生活の実情を見た
肉体となった神は人の無力さ 惨めさを深く感じていた
そして彼らの悲しみも 同じように深く感じていた
受肉した神は 人々の状態により深く同情し
肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

いつも神の心の中では 神が治め救いたいと
願う人々が何よりも 大切で価値がある
絶えず人は逆らい傷つける 神は大きな代価を払った
神は決して人を見捨てず その業を後悔も不満もなく続ける
受肉した神は 人々の状態により深く同情し
肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった
受肉した神は 人々の状態により深く同情し
肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった
『言葉は肉において現れる』より

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
「神はただサタンを打ち負かし、全人類を救うために受肉する 」キリストの人間に対する真の愛

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です