キリスト教会賛美歌「神が人間を救うことの意義」神の愛と救い

キリスト教会賛美歌「神が人間を救うことの意義」神の愛と救い

I
神の救いは
神を礼拝し従う人を得るため
サタンにより堕落したが
父と呼ばない。もう二度と
人はサタンの忌わしさを知っているから
サタンを拒め、サタンを拒め
人は受け入れる神の前で罰と裁きを
人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを
神の偉大さとサタンの邪悪さを
II
このような人類は サタンのため骨を折ることも
礼拝することもない 何も捧げない。もう二度と
なぜなら、真に神のものとされた人たち
神が得た人たちだから
これが神が人間を救う意義
なぜなら、真に神のものとされた人たち
神が獲得した人たちだから
これが神が人間を救う意義
III
神が支配する今
サタンのねらいは人の堕落
人が神の救いの対象で
神とサタンの戦いは人を得るため
神は業の過程でサタンの手から 着実に人を取り戻す
そして、人はより神に近づく
なぜなら、真に神のものとされた人たち
神が得た人たちだから
これが神が人間を救う意義
これが神が人間を救う意義
『言葉は肉において現れる』より

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教音楽「神の現れが持つ意義」

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です