キリスト教音楽「神の現れが持つ意義」

キリスト教音楽「神の現れが持つ意義」


神の現れとは 業のため 神降ること
神の方法で 身分も性質も 保ちながら
時代を始め また 幕引くため 神は降る
神の現れは しるしや絵画ではなく
奇跡でも大いなる幻でもない
ましてや宗教的な儀式でもない
それは実際に見て 触れることのできる 事実である
神の現れは 業の手順踏むためや
早く終わらせるためではない
それはむしろ神の 救いの計画の 一つなのだ

神の現れには 必ず何かの 意味があり
救いの計画に いつも繋がりを 持っている
それは人を導いたり 説き悟らせる
ものではない
神の現れは その時代それぞれで 偉業を働くためである
それはどの時代とも 異なっていて
人には経験も 想像もできない 想像さえも
神の現れは 新しい時代の 幕を開けまた幕を引くため
新しい、一歩進んだ、人類を救う働き
人を新しい 時代へと導いていく
これが神の現れの意義
これが神の現れの意義
『言葉は肉において現れる』より

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

 

もっと見る
キリスト教音楽「神の本質と性質は常に人に対して開かれてきた」神は世を愛された

 

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください