『待つ』 賢い乙女たちが主をお迎えする 予告編

ヤン・ホウエンは、中国にある「家の教会」の牧師です。彼と彼の父、ヤン・ショウダオは、主イエスが雲に乗って来られ、彼らを天国に引き上げて下さることを待ちわびていました。そのため、彼らは主に仕え、主の御名に忠実であり続け、雲に乗って来られる主イエス以外の者は誰であっても偽キリストであると信じていました。そのため、主の再臨の知らせを受けた時、彼らはそれに耳を掛けようも、受入れようとせず、それだけは「目を覚まして待つ」だと考えた。
彼らが受動的に待っている間に、ヤン・ホウエンのいとこであるリ・ジャインは全能神の終わりの日の働きを受入れ、彼らに福音を伝えました。いくつもの激しい議論の末、ヤン・ホウエンはようやく「目を覚まして待ちなさい」の本当の意味を理解し、全能神の言葉が真理であり、道であり、いのちであること、これらが主の御声であること、全能神こそが、彼らは長年待ち望んでいた主イエスの再臨だということがわかったのでした。

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

 

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です