キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(4)罪を赦されることが天国へ入る方法なのか

キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(4)罪を赦されることが天国へ入る方法なのか
宗教界の多くの人が、主を信じた後に自分の罪を認めて悔い改め、贖われ、恵みによって救われたと考えている。また、主が再臨される時には直接的に天国へと引き上げて下さるので、清めや救いの働きをされることはないだろうと思っている。しかしこれは、神様の働きの事実に沿っているだろうか?聖書には、「きよくならなければ、だれも主を見ることはできない。」(ヘブル人への手紙12:14)と書いてある。神様は言われる。「あなたは、神を信じる上での必要な段階を一つ見落としている。あなたは、単に罪から救われただけで中身は変えられていないのである。あなたが神の心に沿うためには、神が直接あなたを変える働きをし、あなたを清めなければならない。もしあなたが罪から贖われただけなら、高潔さを手に入れることはできない。このように、あなたは、神が人を経営する働きの一段階、つまり変えられて完全にされるという肝心の段階を経験していないがために、神の良き祝福を共有する資格がないのである。」(『言葉は肉において現れる』より)

おすすめ動画
キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(1)神様の国に入るために(その1)
キリスト教映画「私の天国の夢」抜粋シーン(2)神様の国に入るために(その2)

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください