キリスト教映画 「私の家はどこに」神は幸福な家族を私にくださった 予告編

文雅の両親は彼女が2歳の時に離婚し、その後は父親と義母と一緒に暮らしていました。義母は文雅に我慢ができず、いつも彼女の父親と口論していました。父親にはどうすることもできず、文雅の母親の家に文雅を連れて行くしかありませんでした。しかし母親は文雅を世話する時間が全くなかったので、よく親戚や友人の家へ預けました。長年にわたる里親との生活のあと、小さい文雅は孤独で無力感を感じ、家の暖かさというものにあこがれていました。父と義理の母が離婚したため、父親の元に戻り、それからというもの良いも悪いも家庭はあったのです。
成長した文雅は、とても慎重で従順な性格で、勉強熱心でした。しかし、大学入試の準備に熱心に取り組んでいたちょうどその頃、不幸が襲いかかりました。母親が脳出血を起こし、麻痺して寝たきりになってしまったのです。彼女の義父は母親を見捨て、しまいに彼女の財産をすべて盗んでしまいました。さらにその後、実の父親は肝がんで入院をしてしまい… 文雅には一家を支えることなどとてもできませんでした。できることといえば、親戚や友人に助けを懇願することでしたが、それも拒否されました。
文雅に頼る物は何もなく苦しんでいたとき、全能神教会から二人の姉妹が、終わりの日全能神の働きについて文雅と母と姉に証しをしました。この二人は、全能神の言葉から人生の苦痛の根源を理解し、神様の前に来ることだけが、神様から守られ幸せに生きられる方法だとわかったのです。神様の言葉に慰められることだけが、母と娘が苦痛と無力から抜け出せる道だったのです。文雅は真に神様の愛と慈悲を経験しました。ついに家の暖かさを感じ、本当の家に戻って来たのです。

もっと見る:キリスト教映画「私の家はどこに」クリスチャン 真実と感動物語 !

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください