クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(5)パリサイ人が神に敵対するのは何故か

クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(5)パリサイ人が神に敵対するのは何故か
宗教界のパリサイ人は皆、聖書に精通していて、長年主に仕えてきた者達です。しかし彼らは受肉された神の出現とその働きを求め学ぶどころか、逆に激しく批判し、非難し、反抗します。本当に信じ難いことです!宗教界のパリサイ人が神を非難し拒絶するのは何故でしょう。神は次のように仰っています。「荘厳な教会で聖書を読む者たちは毎日聖書を暗唱するが、一人として神の働きの目的を理解しない。一人として神を知ることができない。さらに、一人として神の心と一致していない。」「人が神に逆らう理由は、一方では、人の堕落した性質に起因しており、もう一方では神を知らないこと、神の働きの原則や人に対する神の意志についての理解に欠けることが原因である。これらの二つの要因が人間の神への反抗の歴史を成している。」(『言葉は肉において現れる』より)

おすすめ動画
クリスチャン映画「天国への危険な道」 神の救い|予告編|日本語
クリスチャン映画「天国への危険な道」 神の救い|完全な映画|日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください